So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

レジまぐ競馬ダウンロード チャートホール馬券法 当たる?当たらない? [使えるレジまぐダウンロード]

競馬のレジまぐのプレナーさんの中では

老舗の部類に入るのが川本匡さん。

かつてはハネウマ配信で人気を博し

自らの配信するロジックを自分で暴露した

ハネウマ暴露がレジまぐ売上ランキングで

1位を独走していた時代もありました。

そんな馬券職人川本匡さんの新作が公開されました。

川本.jpg

商品名はチャートホール馬券法。

チャートホールって、なんか場末のスナックとか

ダンスホールみたいな名前。

ダサい感じがしますが、逆に川本匡さんにはしっくりいくような感じも。

川本匡さんの新作・チャートホール馬券法は

日刊スポーツをロジックとして使用します。

といってもコンピ指数ではありません。

日刊スポーツといえばコンピ指数を使ったロジックが一番メジャーですが

チャートホール馬券法では、指数ではなく

ある部分の数を数えます。

数を数える???

そうです。数えるのです。

対象レースは9Rから12R

ただしローカル開催は除きます。

いまですと

東京、京都、新潟で開催中ですので

新潟は除き、東京、京都のみが対象。

さらに9-12レースが対象ですが

重賞は非対象レースとなります。

チェックした先に出てくるのが

穴のヒモ馬、

そして鉄板の本命馬。

普通本命を見つけてからヒモを探しますが

穴のヒモ馬を見つけ

買い目のために本命を探すという発想ないかにも川本さんらしいです。

馬券対象はワイド。

または馬連。

マニュアル読む感じではワイドの方がよさそう。

購入点数はロジック該当馬の数にもよりますが

1点から多くても12点くらい。

6点から9点が一番多いです。

ワイドですが穴のヒモ馬が人気薄のことが多く

1000~2000円の配当が多く、

効率よくいい配当の馬券を獲得できます。

9レース目以降という限られたレースの中でだから生きるロジック。

さすが馬券職人川本匡さんならではの視点から作られた馬券法です。
---

レジまぐ競馬ダウンロード チャートホール馬券法 →→→ 使えるレジまぐ競馬ダウンロード
---
このレジまぐダウンロードに興味のある方は

ここからチェックしてください→チャートホール馬券法
nice!(3) 
共通テーマ:競馬

nice! 3